MENU

遠くても思いを伝えるには

レディ

努力を習慣にする

片思い中の人が遠くに行ってしまうと、何もしなければ関係が終わってしまう恐れがあります。片思いを実らせたいなら、遠距離中でも努力を怠ってはいけません。努力を続けていれば、両想いになる可能性も十分に期待できるのです。まず、遠距離の関係で一番大切なのが連絡を怠らないことです。ただでさえ距離が離れているので、連絡がしばらくなければ疎遠になってしまうこともありえます。連絡を行うには、毎日決まった時間にメールなどで簡単に挨拶をすれば、相手もそれを習慣として受け止めるようになります。長い挨拶になってしまうと相手が負担に思ってしまう場合もあるので、できるだけ挨拶は簡単に済ませることです。それに加えて相手の体調を気遣ってあげるのも、思いやりが伝わりやすくなるのでおすすめです。そして、ときには本音を伝えてみるのも遠距離ならではの秘策です。遠距離となるとなかなか会えないため、本音を伝えるのに時間がかかってしまう場合もあります。片思いは自分の気持ちを素直に伝えることが大事です。ただし、気持ちを毎回伝えるのではなく、たまに伝えることで相手がドキッとしてしまう可能性も出てきます。片思いであることを毎回伝えてしまうと、相手がうんざりしてしまうかもしれないので避けなければいけません。こうやって遠距離中に関係を維持し、たまに会えるときはオシャレにも力を入れるようにしましょう。遠距離での醍醐味は、やはり会うことです。会う喜びとともに、相手の気持ちをがっしりとつかむためにも、オシャレには気を使わなければいけません。

Copyright© 2017 婚活をはじめるなら街コンがイチオシ【気軽に参加できる】 All Rights Reserved.